MENU

大西健介議員の追及もブーメランで自滅【動画】高須院長に失言で謝罪?

こんにちは。

民進党の大西健介議員が、

衆院予算委員会で、

学校法人「森友学園」の問題を取り上げ、

安倍晋三首相を追求するも、

見事に民進党ブーメランが決まり、

自滅していたようですね!!

 

果たして、

大西健介議員が繰り出した、

民進党ブーメランの内容とは!?

 

また、

美容外科「高須クリニック」の、

高須克弥院長に対して、

失言したようですが、

謝罪はしたのでしょうか??

目次

大西健介議員の追及もブーメランで自滅【動画】

2017年2月27日に行われた「衆院予算委員会」で、

学校法人「森友学園」の問題を取り上げ、

安倍晋三首相を追求した、

大西健介議員ですが、

見事に、

民進党ブーメランを炸裂させ、

自滅したようですね!!

 

いったい、

何があったのかというと、、、

文部科学省が、

籠池夫妻が運営している、

塚本幼稚園の教諭に、

優秀教職員表彰をしたとして、

経緯を尋ねたことが、

キッカケでした!!!

 

大西健介議員は、

何回表彰の対象になったのかを聞き、

自民党の松野博一文科相は、

「2回表彰していて、表彰者の決定は1回目で、平成20年12月、2度目は24年12月7日である」

と答えています!!

 

そして、

この答えに対して、

大西健介議員は、

「政権ぐるみで偏った教育方針を推進している幼稚園を後押ししたり、便宜を図ったりしているのではないか!?」

と攻め立て、

追求したのです!!!

 

すると、

安倍晋三首相は、

「少なくとも一つは民主党政権時代じゃないですか?」

と反論し、

綺麗に、

民進党ブーメランが炸裂して、

自滅したのです!!!

 

1度目の、

平成20年12月の時は、

自民党の麻生太郎政権時代ですが、

2度目の、

24年12月7日の時は、

旧民主党の野田佳彦政権時代ですからね。。。。

絵に描いたようなブーメランで、

撃沈してしまい、

大西健介議員の名前も、

不本意な形で、

拡がりましたね。。。。

 

それにしても、

追求する際に、

こうなることくらい、

予測できなかったのでしょうか??

 

こういったことが国会で行われていると思うと、

質の低さを感じてしまいますよね。。。。。

 

そんな、

大西健介議員が、

見事に炸裂させた、

ブーメラン国会の様子がこちらです!

 

かなり、

残念な感じになってますね。。。

感情極まって、

暴走してしまったのでしょうか。。。

 

今後は、

もっと勉強してから、

国会で発言して欲しいところです!!

 

高須院長に失言で謝罪?

民進党ブーメランを炸裂させた、

大西健介議員ですが、

今度は、

美容外科「高須クリニック」の、

高須克弥院長に対して、

失言してしまったそうです!!!

 

この失言に怒った、

高須院長は、

大西健介議員と蓮舫さんを、

名誉毀損で提訴する方針であることを、

発表していますからね!!

 

何があったのかというと、、、

事の発端は、

大西健介議員が、

厚労委で、

美容外科が、

エステ店から顧客リストをうけとっていたり、

誇大広告で集客しているなどして、

その実態は、

悪徳ビジネスなのではないかと質問しているんですよね!!

 

その中で、

大量の陳腐なテレビCMを使用している、

美容外科があるとして、

「皆さんよくご存じのイエス○○クリニックみたいに」

と発言したのです!!!

 

この発言に、

怒った高須院長は、

自身のブログで、

「高須クリニックはエステで集客しない。誇大広告のチラシもまかない。」

と反論し、

名誉毀損で提訴することが決まったわけです!!!

 

>> 高須院長のブログはこちらからどうぞ

 

これだけの発言をされたら、

誰だって怒りますよね!!!

 

それに、

高須院長は、

自身の仕事に、

誇りを持ってやっているわけですし!!

 

この失言に関しては、

謝罪する気はないんですかね??

 

最近は、

自民党内で、

失言が相次いでましたが、

失言した際、

すぐに、

謝罪会見を開いていましたよね!!

 

大西健介議員も、

謝罪会見したらいいのにと思いつつ、

このまま、

バトルに持ち込まれるようです。。。

 

民進党は、

離党が相次いでおり、

厳しい状況が続く中、

このような、

余計な問題を起こされると、

辛いですよね。。。

 

蓮舫さんも大変です。。。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次