民進党が再集結で合流はなぜ?意味不明でおかしい?解散したのでは?

こんにちは。

 

2017年10月22日に、

日本に新たな政権が、

誕生するかもしれません。。。

 

自民党の安倍総理は、

9月25日に突如として、

衆議院を解散させることを発表!!

 

同日午後、

東京都知事小池百合子知事は、

国政政党「希望の党」を立ち上げ、

自ら代表に就任します。。。

 

そして、

ついに安倍総理は、

9月28日に召集された臨時国会での冒頭で、

衆議院を解散させました!!!

 

安倍総理は、

今回の解散を「国難突破解散」と命名します!!!

 

また、

同日民進党の前原代表は、、、

民進党の両院議員総会で、

小池氏率いる希望の党への合流を発表!!!

 

目まぐるしく変わる政局、

一般の有権者の度肝を抜く、

希望の党や民進党のサプライズ!!!

 

日本の政治はどこへ向かっているのでしょうか???

スポンサードリンク




希望の党と円満合流のはずが?実は民進党の解体が真の目的だった?

 

民進党の前原代表は、

解散前に何度も、

小池都知事と会談していました。。。

 

大方の予想では、

次の衆院選での、

民進党と小池新党との選挙区での連携、

統一候補を模索する動きではないかと予想されていましたが、

蓋を開けてみてびっくり!!!

 

 

まさかの、

民進党と小池新党との合流でした。。。

 

 

あまりの衝撃的なニュースに、

連日テレビはこの報道でもちきりでした。。。

 

当の民進党議員も一応は反対したものの、

ほぼ全会一致で了承して、

人気のある希望の党で戦えることで民進党議員は、

笑顔がこぼれており「ほっ」としたようでした。。。

 

 

ところが、

希望の党を立ち上げた小池代表から出た言葉は、

「憲法改正や安保法案に反対する議員はお断りします」

といった発言でした!!!

 

 

この発言で、

一挙に民進党議員に激震を走らせます!!!

 

これはどういう事かというと、

民進党は大きくわけると

憲法改正賛成の右派と反対の左派にわかれます。。。

 

つまり、

憲法改正反対を常々大義名分にしていた左派系議員が、

選挙目当てで賛成派になるという事は、

これまで応援してくれていた支持者を大きく失うことを意味します。。。

 

 

恐らく小池氏は前原代表との会談では、

民進党議員全員の受け入れを約束して、

民進党が党として希望の党と合流を発表した途端、、、

手のひらを返したように、

「全員を受け入れるとは一言も申し上げておりません」

と発言したのではないでしょうか??

 

そして、

実際どうかはわかりませんが、

民進党と希望の党の合流話の肝は、

小池氏が民進党を分裂させ解体することが、

真の狙いだったのではないでしょうか??

 

 

これまでの発言や言葉は非常に柔らかい小池氏ですが、

これまでも自民党の人達や仲間を利用して、

利用価値がなくなると、

簡単に捨ててきた経緯があり、

今回はあの悪名高い民進党も、

一敗食わされたのではないかと感じてしまいます。。。

スポンサードリンク




解散するはずの民進党が選挙後に再集結での合流?有権者は何を信じれば良いのか?

 

希望の党の小池代表の、

「全員を受け入れるとは一言も申し上げておりません」発言により、

民進議員は今回、

希望の党、立憲民主党、無所属の、

3つに分裂して戦うようになりました。。。

 

これではさすがに、

野党第一党の議員数を誇った民進党でも、

力が出せなかったり、

相打ちになったりするかもしれません。

 

 

ところがです!!!

 

 

10月12日民進党の小川敏夫参議院会長の口から、

驚きの発言が飛び出します。

 

それは、

長嶋茂雄さんの言葉を借りれば、

「民進党は不滅です」

といった発言です!!!

 

現場で選挙演説を聞いていた人も、

速報で聞いた人達も、

一体、何が起こったのか??

一瞬理解出来なかったと思います!!!

 

 

小川氏の発言を要約すると、

選挙前はバラバラだった元民進党議員が、

選挙後には再び、

民進党の旗の元に再集結するので有権者の皆さん安心してください。

という趣旨の発言のようなのです。

 

その後、

小川氏は発言を撤回したようですが、

この発言を聞いたほとんどの有権者は、

開いた口がふさがらなくなり、、、

もはや元民進党系議員のいうこと全てが、

信じられなくなったのではないでしょうか。。。

 

 

元々民進党系議員は、

普段から根拠のない仰天発言が多いように感じてしまいます。。。

 

特に、

今回の国民の代表者を決める国会議員の選挙で、

人気が無いから民進党の名前を捨てて、

人気のある希望の党から出馬し、

当選後はまた民進党議員になるといった発言をする人まで出てきています。。。

 

こういった

理解不能なウルトラCをやってのけるのが、

民進党議員です。。。

スポンサードリンク




まとめ

 

希望の党や民進党などで、

公認をもらい選挙に通れば、

その党の公約に近い政策を実現しようと、

普通の人であれば考えるでしょう。。。

 

しかし、

元民進党系議員に至っては、

政策などは関係がなく選挙に通れば、

どんな手でも使うのかもしれません。。。

 

我々有権者からすれば、

もはや何が正しくて何が間違っているのか?

意味不明でよくわからないというのが、

本音ではないでしょうか。。。

 

こちらの特集記事もどうぞ!!

若手イケメン俳優 ランキング 20代 若手女優 美女ランキング 20代