こんにちは。

 

2016年11月8日に博多駅前の道路が陥没しました!!!

映像や画像を見ましたが大変なことになっているみたいです!!!

道路沈没の原因は??

ゼネコン会社はどこなんでしょうか?

こんなに大きな事故にも関わらず、

怪我人ゼロ!?

その理由とは??

博多駅前の道路沈没事故について調べてみました!!!

 

 

 

 

博多駅前の道路沈没!

 

 

今日の朝のニュースを見ていて驚きました!!!

博多駅前の道路が沈没しているニュースが頻繁に流れていて、

その映像が凄まじいです!!!

 

その動画がこちら!

 

 

ヤバイですよね。。。

周りの建物の中にいた人はかなり怖かったと思います。。。

 

 

スポンサーリンク




 

道路沈没事故の場所は、

福岡市博多区博多駅前の、

市営地下鉄七隈線延伸工事現場で発生しました!!!

 

JRのオフィスビルは基礎がむき出しになり、

ガス漏れ停電で、

非常に危険な状態になっているそうです!

 

現在、事故現場付近は立ち入り禁止になっているようですね!

aaaa

kkk

 

映画でしか見たことないような映像です。。。

道路が沈没するなんて。。。

想像できないですよね?

近隣住民の人達はこの事故をどのように感じているのでしょうか。。。

とにかく怖いです。

最近は地震も多いので、

災害対策はしっかり考えないといけないなと感じます!

 

 

 

 

 

原因はやゼネコン会社はどこ?

 

 

何故こんな事故が起きてしまったのでしょうか?

 

 

地下鉄の延伸工事中での事故だったのですが、

当初は2つの小さな穴が開き、

その後、崩壊が広がり1つの大きな穴になったようです。。。

 

 

原因は、、、

市営地下鉄七隈線の延伸工事のトンネル内に地下水が流入して道路が陥没した可能性が高いと推測されています!!!

 

地下約16~18メートルにある岩盤層に何らかの原因で穴が開き、

地下水が岩盤層下のトンネル内に流れ込んだとみられています。

 

 

この地下鉄の延伸工事を請け負っていたゼネコン会社は、、、

 

大成建設です!!!

 

大成建設は日本でもトップクラスのゼネコン会社で、

大規模な掘削工事などではかなり実績のある建設会社です!!

 

大成建設が中心となる共同企業体で請け負っており、

他に4社の建設会社が関わっています。

それが、「佐藤工業」「森本組」「三軌建設」「西光建設JV」

です!

 

原因が掘削工事によるものだとしたら、

ゼネコンが責任を負うことになりますね。。。

 

なので、

大成建設JVが損害額や賠償金を払うことになります。。。

かなりの額になりそうですね。。。

 

 

ただ、

地盤調査不足なども考えられるので、

責任はまだ断定したものではないようですが。。。

 

 

スポンサーリンク




 

 

 

怪我人なしの理由は?

 

 

道路沈没という、

かなり大きな事故だったのですが、、、

 

 

なんと、、、、

 

 

怪我人ゼロなんだそうです!!!

 

 

なぜこんなに大きな事故だったのにもかかわらず、

怪我人がいなかったのでしょうか。。。

 

実は、

道路が沈没する前に、

予兆があったそうなのです!!!

 

というのも、

地中の工事現場で作業していた作業員の人達が、

トンネル上部の土砂が少しずつ崩れる現象を目撃しているのです!

 

急いで、

土砂を固める処置を行ったそうなのですが、

止めることはできなかったそうです。

 

 

発見してから30分後に、

水が出始め、

作業員達は慌てて地上に避難したそうです!

 

その後、

徐々に道路がへこみ、

崩れていったそうです。。。

 

 

地上へ避難した作業員達は、

自主的な判断で三角コーンを立てて道路を封鎖し、

すぐに、警察に連絡しています!

 

この作業員達の行動が、

怪我人ゼロに食い止めた大きな要因です!

 

沈没した時刻が7時20分なので、

ちょうど通勤時間でした!

 

この時間帯に、

道路を封鎖していなかったら大惨事になっていたはずです!!!

 

考えただけでも恐ろしいですね。。。

作業員達のファインプレーで多くの命が救われたといっても過言ではありません!!!